より良いビジネスにするには・・・

グローバル化が進んでいる今、外国人の力がビジネスをうまく行なう上で重要になっています。外国人を積極的に採用するようにしましょう。外国人を採用する前に、いくつか知っておくべきことがあるので把握しておきましょう。

外国人を採用する時に押さえておくべきことランキング

no.1

考え方が違う

まず第一に、外国人は日本人とは違う文化や慣習を持っています。どこまでその考えに寄り添うことができるかが、今後仕事を行っていくうえで最も重要でしょう。また、外国人は、どんなことにも積極的に挑戦する傾向がありますよ。

no.2

在留資格がある

外国人を採用する面接の際に、事前に聞いておくべきことは、在留資格があるのかどうかです。この確認をしておかないと、万が一の場合、採用できなくなるのです。また、在留許可が降りていないのに採用を行うと、罪にも問われるので必ず確認しておいて下さい。

no.3

必要なビザがある

採用となっても、就労ビザがなければ、外国人を働かせることができません。この就労ビザは、採用した外国人のために会社側が用意するものということを知っておきましょう。会社の規模などで提出する書類が違うので、どんなものが必要なのか確認しておくことが大切です。

外国人を採用する際に!知っておくべきポイントがある

虫眼鏡

進んでいるグローバル化

近年、グローバル化が進んでいます。これは、どんなビジネスに関しても進んでいるといえるでしょう。その為、外国人の採用を積極的に行なう会社が増え続けているのです。外国人を採用することで、ビジネスの幅が広がり、多種多様な仕事ができるようになるという効果がありますよ。多角的な視点で仕事をこなすことができるでしょう。そうすることで、会社がより良い実績を残せるようになります。

意欲が高い

外国人の多くは、仕事への意欲が高いという特徴があるのです。そのため、仕事を任せると全力で取り組んでくれます。また、どんなことにも臆さずに取り組むという心意気も備えています。意欲の高い外国人につられて、会社全体の士気が向上するということもあるのです。さらに、コミュニケーション能力も高くエンゲージメント率を上げるという結果にも期待できます。

外国人の採用に不安を感じたら

たくさんのメリットがあることがわかっても、なかなか外国人の採用に踏み切れない場合もあると思います。そのような時は外部の力を借りてみましょう。専門の業者に相談することで、不安が少なくなりますよ。また、外国人を含めた社内の組織や形態について悩むこともあるでしょう。組織改革のアドバイスをくれる企業もありますよ。ぜひ探してみて下さい。

支え合うことが大切

外国人を採用することで、様々なメリットを得られるでしょう。しかし、外国人は、異国の地で働き生活をするという状況です。そのため、言語を思うように聞き取れない話せないといったことがあります。さらに、場所や食べ物も異なり、環境の違いを強く感じる場合もあるでしょう。困っていると感じれば、手を差し伸べるようにして下さい。不安や心配なことがないかどうか確認してみましょう。そうすれば、良好な関係を築けるようになるのです。その結果が、仕事にも現れるので支えることが外国人の採用においても大切になります。

外国人を採用する際のポイント

・文化の違いがある
・考えが異なる場合がある
・ビザなどの手続きがある
・在留資格があるかを確認しておく

[PR]
外国人の就労ビザを取得
日本の接客技術を母国に持ち帰る

広告募集中